coolQoo

ウォーターサーバーの種類にはどんなものがある?購入前に知っておきたいマメ知識

-POINT-

ウォーターサーバーの種類には、さまざまなものがあり、それぞれメリットやデメリットがあります。日本の恵まれた水道事情を考えると、水道直結型ウォーターサーバーが適しているともいえるでしょう。

ウォーターサーバーをレンタルする際気になるポイント

❶ボトル式、直結式などの違いは?

❷レンタル料金の相場はどれくらい?

❸メンテナンスはどうしてるの?

目次
サーバーの種類と特徴

ウォーターサーバーを自宅に設置しようと思った時、最近はさまざまなものが販売されていて、どれを選べばよいか、分からないこともあるでしょう。購入する前に、どのようなものがあるか、その特徴やメリットデメリットについて、詳しく知っておきたいものです。ウォーターサーバーには、ボトル型のものと、水道直結型のものがあります。それぞれについて、詳しくご紹介していきましょう。

ボトル型ウォーターサーバーに使われる水には二種類のものがある

ボトル型ウォーターサーバーに使われる水には、二種類のものがあります。RO水と、天然水です。このうち、RO水は水道水から作られ、天然水は、各地の名水の採水地から汲み上げられます。

RO水

RO水は、RO膜(逆浸透膜)と呼ばれる、海水を真水にすることもできるろ過システムによって作られています。水道水に残留する不純物を極限まで取り除き、限りなく純水に近い安全な水となっているのがRO水です。

RO水のメリット
  • 安心で安全な純水である。
  • 赤ちゃんのミルクに使うのにも適している。
  • 不純物が少ないことから、賞味期限が長く、未開封で一年、開封後も一か月は使うことができるので、災害時の備蓄水として向いている。
RO水のデメリット
人工的に作った水なので、味気なく感じる人もいる。

天然水

各他の名水の採水地から取水された天然水に含まれる、良質なミネラル成分を残すために、過度なろ過は行いませんが、安全に飲めるために、ろ過や加熱殺菌などの処理を行っています。

天然水のメリット
人工的に作ったRO水にはない、豊かな味わいが望まれる。
天然水のデメリット
  • ミネラル成分が豊富なため、人によっては体調を崩すことがある。
  • 赤ちゃんに飲ませるのには向いていない。
  • 過度なろ過をしないので、環境汚染による不純物やウイルスが皆無だとはいえない。

ボトル型ウォーターサーバーには二つの種類がある

リターナブルボトル方式(再利用)

リターナブルというネーミングのとおり、ボトルを再利用する方式のウォーターサーバーです。ガロンボトルという、アメリカやイギリスでは一般的なガロンという単位を元にした、少しの衝撃ではびくともしない、頑丈なボトルが使われます。

ゴミが出ることがなく、環境に優しいといわれている一方で、大容量で重量もあるため、持ち運びには不便で、女性がすることの多いボトル交換時に、苦労することが大きいです。

リターナブルボトル方式のメリット
  • ボトルを再利用するので、ゴミが出ずに環境に優しい。
  • 価格が安い。
  • 強度があり、ある程度の衝撃に耐えられる。
リターナブルボトル方式のデメリット
  • 使い終わった後の空のボトルの保管場所に困る。
  • 重量があるので、ボトル交換の際の負担が大きい。
  • ボトルの洗浄殺菌が適正に行われているか心配する人もいる。
  • 水を使ったら、使った分だけ空気が流れ込むことになり、空気と一緒にほこりや雑菌が混入するおそれがある。
  • ボトルの材質から、健康に悪影響を及ぼすおそれのある物質が溶け出しているのでは、という不安の声がある。
保管場所が沢山必要

ワンウェイボトル方式(使い捨て)

ボトル型ウォーターサーバーの種類のもう1つには、使い捨てのワンウェイボトル方式のものもあります。これには、使い捨ての容器が使われます。容器には、二種類のものがあって、ペット樹脂ボトルと、パック容器があります。

ワンウェイボトル方式のメリット
  • 使い捨てなので、空き容器の保管場所がいらない。
  • 使い捨てなので、衛生面での心配が少ない。
  • リターナブルボトル方式のガロンボトルに比べると、軽量化が進んでいて、ボトル交換時に負担が少ない。
ワンウェイボトル方式のデメリット
  • ゴミの分別に手間がかかる。
  • 使い捨てなので、コストがかかり、価格が割高になる。
ボトル交換が一仕事!

ペット樹脂ボトル

一般的に流通しているペットボトルと同様の材質が使われているボトルです。ガロンボトルに比べると、軽量化が進み、水を使っていくごとに、潰れていくタイプのものもあり、衛生面でも心配が少なくなっています。

ペット樹脂ボトルのメリット
  • 使った分だけ、容器が潰れていくので、ある程度の真空が保たれ、空気と一緒にほこりや雑菌が入り込む心配が少ない。
  • 材質には一般的なペットボトルにも使われているもので、安全性が確立されている。
ペット樹脂ボトルのデメリット
  • 使用後とは資源ごみとして出せるのですが、分別に手間がかかる。
  • 使い捨てなので、価格が割高になる。
ゴミの分別が大変だわ

パック容器

ボトル型ウォーターサーバーの最新型ともいえるのが、パック容器を使った種類のウォーターサーバーです。これまでの問題点や不便な点が解消され、より使いやすくなっています。

少しの衝撃で破れることがなく、匂い移りも防げる特殊なビニールを使ったパック容器で、柔らかいので扱いやすく、素材の性質から大容量にはならないので、少量の軽量パックになっています。

パック容器のメリット
  • 柔らかくて扱いやすい。
  • 軽量で女性や年配の方でも、持ち運びや交換時の負担が少ない。
  • 使用後は小さく折りたたんでゴミとして捨てることができる。
  • 真空が保たれやすいので、空気の侵入による雑菌の繁殖の心配がない。
  • 容量が少ないので、いつも新鮮な水を飲める。
パック容器のデメリット
  • 素材の性質から大容量にはならないので、頻繁に交換しなければならない。
  • 価格が高い。
軽量だけど頻繁に交換

日本でボトル型ウォーターサーバーが普及した理由

もともとボトル型ウォーターサーバーは、アメリカで水不足を解消するために使い始められたものです。それが商業化し、普及していったのですが、日本では、飲み水に困ることはあまりなかったことから、ウォーターサーバーを必要としていませんでした。

日本の富裕層の間で少しずつ流行っていたウォーターサーバーは、アメリカ式を倣ったものだったので、ボトル型ウォーターサーバーでした。

それが一般に普及し始めたのは、東日本大震災をきっかけです。災害時の備蓄水の必要性を感じはじめたからでしたが、普及していったウォーターサーバーの種類は、ボトル型のものです。

そもそも日本の水道事情は、世界的に見ても、恵まれているものです。蛇口をひねったら飲むことができる水が出てくるので、わざわざボトルに入れて水を持ち運びする必然性はありませんでした。水道から安全な水が出てくるのですから。

その水を、より安全でおいしく飲むためのウォーターサーバーが、水道直結型ウォーターサーバーです。

水道直結型ウォーターサーバーの特徴

日本の水道事情は、世界的に見ても恵まれているといえます。その水道水を、より安全においしく飲むためのウォーターサーバーの種類が、水道直結型ウォーターサーバーです。

その名のとおり、水道と直結しているので、いつでも安全でおいしい水を、飲むことができます。

これまでのボトル型ウォーターサーバーだと、飲むごとに減っていき、減った分の水を交換しなければならなかったので、飲むほどに費用がかかることになり、いつでも好きなだけ、というわけにはいきませんでした。

水道直結型なら、月々定額で、あとは通常の水道料金がかかるだけなので、安心して好きなだけ使うことができます。

水道直結型ウォーターサーバーのろ過方法

水道水をろ過する場合、ボトル型ウォーターサーバーで使われる二種類の水のうち、RO水がありますが、水道直結型ウォーターサーバーによく使われるろ過システムは、RO水に使われるRO膜(逆浸透膜)も使われます。

つまり、これまで工場で作ってボトルに詰めて運んでもらっていたRO水を、自宅で作ることができるのです。

他にも、ナノトラップフィルターやUF膜(ウルトラフィルター)が使われることがありますが、詳しくご紹介しましょう。

RO膜(逆浸透膜)

ROろ過

水道直結型ウォーターサーバーの中には、RO膜を使ったフィルターを取り入れたものが、いくつかあります。RO膜は、牛乳や海水も真水にすることができるといわれているろ過システムで、0.0001ミクロンというごく微細な穴をもったフィルターが使われています。

放射能物質はもちろんのこと、さまざまな雑菌を取り除き、限りなく純水に近い水を作り出すことができます。このため、デリケートな赤ちゃんの体にも負担をかけることがなく、赤ちゃんのミルクを作る際にも安心して使えます。

ナノトラップフィルター(静電気吸着式フィルター)

ナノトラップフィルターは、日本語では、静電気吸着式フィルターと呼ばれ、NASAが技術特許を保有している技術です。「陽電化ナノ繊維」という素材を使用し、静電気の作用によって不純物を吸着させ、除去します。

ろ過システムの中では、RO膜に次いで優秀なレベルで、廃棄水を出さないものの中では、トップレベルです。

ウルトラフィルター(UF膜)

UFろ過

上述した二種類のフィルターに比べると、わずかに劣りますが、一般的な浄水器では除去できないような、ほとんどの菌を除去できる優秀なフィルターです。

水道直結型ウォーターサーバーのメリット

定額で飲み放題
月々決まった料金を払えば、あとは通常の水道料金がかかるだけなので、いつでも好きなだけ使うことができます。一日一ボトル使っても4900円
ボトルの受取交換保管がいらない
水道直結型ウォーターサーバーでは、ボトル型ウォーターサーバーのように、ボトルを受け取ったり、ボトルの交換をしたり、容器を保管するなど、わずらわしい手間が一切かかりません。ただ、コックをひねって水を出すだけでいいのです。面倒なボトル交換がいらない様子
安心安全な水を飲める
水道直結型ウォーターサーバーでは、ウォーターサーバーの内部に、ろ過システムが入っています。業者によっては定期的に無料でメンテナンスを行っているところもあり、いつでも安心安全な水を飲むことができます。水道直結型のイメージ

水道直結型ウォーターサーバーのデメリット

設置できない場所がある
給湯室のないオフィスなど、水道のない環境には設置できません。しかし、延長ホースの利用も可能なので、近くに水道水のある環境なら、水を引っ張ってきて、設置することもできます。
使用量が少ないと損になる
水道直結型ウォーターサーバーは、月々定額の料金が発生するので、多く使っても、少量しか使わなくても、値段は変わりません。水をあまり使わない場合は、損をすることになります。
初期費用が高い
水道直結型ウォーターサーバーでは、設置するのに工事費が必要になります。自分ですることのできるメーカーもありますが、ほとんどは、業者側での工事となり、費用がかかります。
解約金が高い
ウォーターサーバーの種類のうち、一般的なボトル型ウォーターサーバーに比べると、契約期間内に解約する場合、解約金が高く設定されています。

水道直結型ウォーターサーバーをおすすめしたい人

直結型サーバーが便利な様子
  • 安心安全な水をいつでも飲みたい人
  • ボトル型が面倒だと思っている人
  • ウォーターサーバーを長期的に使いたいと思っている人
  • 水の使用量が多い人

ウォーターサーバーのさまざまな種類の中でも、水道直結型ウォーターサーバーは、日本の水道事情に適したものといえます。これまで普及してきたボトル型のものに対する不満がある人や、ボトル型だと費用が気になって思うように水を使えないと感じていた人は、これを機会に水道直結型ウォーターサーバーに変えてみるのもいいかもしれません。

長期的に使う見込みがあって、月々で水の使用量が多い人なら、水道直結型ウォーターサーバーがお得となり、向いているといえます。また、赤ちゃんのミルクを作るのに使いたいなど、安心安全な水を飲みたい人にも、おすすめしたいです。CoolQooは料金面でも断然お得です。

水道直結型ウォーターサーバーをおすすめできない人

  • 水の使用量が少ない人
  • 天然水が好きな人
  • 短期間だけウォーターサーバーを使いたいと思っている人

水道直結型ウォーターサーバーは、月々定額料金となっているので、水の使用量の少ない人には、割高となってしまいます。また、契約期間も長めに設定している業者が多く、契約期間内に解約すると、解約金も高くなるので、短期間の利用を考えている人には向きません。

そして、水道水をより安全においしく飲むためのシステムなので、天然水を飲みたいという人には、向かないでしょう。

まとめ

ウォーターサーバーには、さまざまな種類のものがあり、メリットやデメリットがあります。日本ではまず、ボトル型ウォーターサーバーが普及しましたが、恵まれた水道事情を考えると、水道直結型ウォーターサーバーに適しているともいえます。

使い方や使う人によって、どの種類のものがよいかは、違ってくるので、何を基準に選ぶかを明確にして、よく考えて判断しましょう。 美味しそうに水を飲んでいる家族

Coolqoo