coolQoo

-POINT-

ウォーターサーバーに使われる水には、二種類のものがあります。RO膜(逆浸透膜)によるろ過システムにより、水道水や河川水から作るRO水と、各地の名水の採水地から取水した天然水の二種類です。

ウォーターサーバーの種類にはどんなものがある?購入前に知っておきたいマメ知識 > ウォーターサーバーで使われるお水の種類!RO水と天然水の違いについて解説
目次

ウォーターサーバーで使われるお水の種類!RO水と天然水の違いについて解説

ウォータークラウン

ウォーターサーバーで飲むことのできる水には、RO水と天然水の二種類があります。それぞれ特徴やメリット、デメリットなどがありますが、その違いについて詳しくご紹介します。

採水地

RO水
日本では、全国でほぼ同じ品質の上水が、水道の蛇口から流れてきます。世界的に見ても上質な、日本の水道水から作っているのがRO水です。ボトリング工場地域の河川水や水道水から採水されています。
天然水
ウォーターサーバーに使われるもう一種類の水は、天然水ですが、採水地には富士山の水が多く、その他にも、各地の名水地で採水された水が使われています。ウォーターサーバーの業者によっては、種類を選べるところもあり、公式ホームページには、それぞれの特徴や硬度などが詳しく掲載されているようです。

ろ過処理

RO水
RO膜(逆浸透膜)という、海水を真水にすることも可能なシステムを使って、ろ過処理しているのがRO水です。RO膜は、1000万分の1mmという極微小な不純物まで取り除くことの可能なので、限りなく純水に近い安全な水といえます。
天然水
自然のミネラル成分を残すために、過度なろ過はしません。といっても、全くの自然のままではなく、安全に飲めるように、体によいミネラル成分だけを残し、ろ過や加熱殺菌などの処理を行っています。

ミネラル成分

RO水
RO膜によるろ過により、ミネラル成分までろ過してしまうので、ウォーターサーバーに使う場合は、体によいミネラル成分を添加していることが多いです。添加しないまま使われていこともあります。
天然水
採水地によってさまざまな種類のミネラル成分が含まれています。ウォーターサーバーに使われる水には、ナトリウムやカリウム、カルシウムなどが含まれていて、富士山の水の場合は、玄武岩を通る際に溶け込むバナジウムも含まれています。

RO水のメリットとデメリット

メリット
何より安心安全な純水に近い水だということです。不純物が極めて少なく、ミネラル成分も適量が添加されていることが多いので、赤ちゃんのミルクにも安心して使えます。
また、賞味期限が比較的長く、未開封で1年、開封後も約1か月は大丈夫なことが多いので、災害時の備蓄水として向いています。
デメリット
人工的に作った水であるという味気なさを感じる人もいるようです。

天然水のメリットとデメリット

メリット
ウォーターサーバーに使われる天然水は、体にいいさまざまな種類のミネラル成分が豊富に含まれる名水が使われています。自然のよって何百年もかけてろ過された水だからこその、豊かな味わいが望めます。
デメリット
ミネラル成分が豊富なため、人によってはおなかが緩くなることもあり、赤ちゃんに飲ませるのにはあまり向いていません。
また、RO水とは違って、過度なろ過をしないので、環境汚染による不純物やウイルスが全く入り込んでいないとは限りません。

まとめ

ウォーターサーバーに使われる二種類の水には、さまざまな特徴があります。どちらを選ぶかは、使い方や使う人によって、判断が分かれることでしょう。安全面に関しては、どちらかといえば、赤ちゃんからお年寄りまで安心して使えるRO水に軍配が上がるといえるかもしれません。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。さまざまな側面から比較して、もっともニーズに合ったウォーターサーバーを選んでみてください。

1位 COOL QOO(クールクー)

Coolqoo >>公式サイトはこちら

初期費用 4,200円(税別)~
月額費用 4,200円(税別)~
電気代 月800円ほど
メンテナンス代 年1回(無料)
解約金 ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性からも好評となっています。現在、お友達紹介キャンペーンなどもありますので、お得に利用できるチャンスとなっています。

2位 ピュアウェーブ

水道直結で安心安全な温水と冷水が使い放題

初期費用 無料
月額費用 4,200円(税別)
電気代 月1,000円ほど
メンテナンス代 無料
解約金 3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

3位 楽水(らくみず)

樂水ウォーターサーバー

初期費用 無料
月額費用 4,250円(税別)
電気代 月1,000円ほど
メンテナンス代 無料
解約金 3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。