coolQoo

-POINT-

ウォーターサーバーのリターナブルボトル方式とワンウェイボトル方式の違いは、使ったボトルを再利用するのと、使い捨てることにあります。それぞれに特徴があり、メリットもデメリットもあり、使い方や使う人によって、選び方は違うでしょう。

ウォーターサーバーの種類にはどんなものがある?購入前に知っておきたいマメ知識 > リターナブルボトル方式(再利用)とワンウェイ方式(使い捨て)にはどのような違いがあるの?メリットとデメリットを解説
目次

リターナブルボトル方式(再利用)とワンウェイ方式(使い捨て)にはどのような違いがあるの?メリットとデメリットを解説

ボトル型のウォーターサーバーには、リターナブルボトル方式(再利用)とワンウェイ方式(使い捨て)の二種類があります。それぞれの種類で、特徴やメリット、デメリットがあるので、詳しくご紹介します。

言葉の違い

リターナブルは英語でReturnableといい、日本語に訳すと「返却できる」「返還すべき」という意味になります。よって、ウォーターサーバーでは、水を入れるボトルを再利用する方式のことをいいます。一方、ワンウェイとは、英語でOne Wayといい、日本語に訳すと、「一方向だけの」「片道の」という意味となります。ウォーターサーバーの場合だと、一度使ったボトルは、そのまま処分するという方式になります。

それぞれの種類の特徴

リターナブルボトル方式では、再利用できるボトルに入れて、業者が水を配達することになります。飲み終わったボトルは、各家庭で保管し、配達の際に回収してもらうのです。

ワンウェイボトル方式では、業者が配達してきた水のボトルを使いきったら、そのまま各家庭で処分することになります。

リターナブルボトル方式のメリット、デメリット

メリット

  • ボトルを繰り返し再利用するので、ゴミが出ず、環境に優しいエコなシステムです。
  • 再利用するので、価格を安く抑えることができます。
  • ボトルには、繰り返し使えるだけの強度もあるので、水漏れの心配が少ないといえます。
  • ウォーターサーバー業者が、配達に来るので、困っていることや質問など、気軽に話をすることができます。
  • 業者によるメンテナンスも、定期的に行われるので安心です。

デメリット

  • 使い終わった空のボトルは、家庭で保管しなければならないので、保管場所をとって邪魔に感じることがあります。
  • ボトルを交換する際、どうしてもある程度の重量がかかるので、妊娠中の女性や高齢の方にとっては、負担が大きいといえます。
  • 繰り返し利用するということは、業者側でボトルを洗浄殺菌することになるのですが、これが適正に行われているかどうか、業者の信頼性をよく見極めなければなりません。
ボトル回収をしている様

ワンウェイボトル方式のメリット、デメリット

メリット

  • 使ったら、そのまま処分できるので、保管場所に困りません。
  • 使い捨てなので、衛生面での心配がいりません。
  • 配達するのは、ウォーターサーバー業者スタッフではなく、委託された宅配業者なので、配達の際に気楽に対応できるという点も、人によってはメリットとなります。

デメリット

  • 使い捨てなので、コストがかかり、価格が割高になります。
  • 空になったボトルは、分別して処分しなければならないので、手間がかかります。
  • 梱包材に段ボールが使われていることが多く、いつもよりゴミ出しの量が多くなる。
  • この種類の方式では定期メンテナンスのないウォーターサーバー業者が多く、自分でメンテナンスしなければならない。
サーバーメンテナンスしている女性

まとめ

それぞれの種類の方式で、さまざまな違いがあり、メリットやデメリットがあります。どちらを選ぶかは、使い方や使う人によって異なるでしょう。それぞれの特徴や、メリット、デメリットをよく見極めて、どちらの種類がよいかを判断しましょう。